Menu

一年の流れ

Home
一年の流れ

2月 3月 4月

2月 3月 4月

~土づくり、剪定、誘引作業~
剪定作業は1月~3月の厳寒期に行い、暖かくなる前に終了します。厳寒気のキツイ仕事です。
雪が溶けはじめたら微量な堆肥散布から始まります。前年伸びた枝を切り、今年使う枝のみを残し種枝をワイヤーへ誘引していきます。

5月 6月初旬

5月 6月初旬

~芽欠き作業~
5月初旬頃、新芽が出ます。
収量を決める重要な作業です。個体によって芽の出方が違うので、数回に分けて作業を行います。
雑草も芽を出しますので除草作業を行います。

6月中旬

6月中旬

~新梢の整理作業~
梅雨入り直前に白い花が咲き始め芽ます。
新梢が伸びてくるので、2本のワイヤーの中に新梢を入れて行きます。

7月

7月

~夏季徐葉、摘芯作業~
花が散り、葡萄の赤ちゃんが誕生、米粒程の大きさ、病気がかからないように不要な枝、葉を除去します。
新梢が一番上のワイヤーまで伸びたら新梢先端をハサミで切ります。養分を葡萄の実の方へまわします。

8月

8月

~摘房作業~
ぶどうに陽を当ててやります。風通しを良くすることにより病気から守ります。
ベレゾン(房の色が変わる)の時期です。
余計な房や、大きい房にはハサミを入れます。
色づきや糖度アップの為です。

9月 10月

9月 10月

~収穫~
手塩にかけてきた葡萄の収穫です。
黄緑色に完熟したソービニヨンブラン、シャルドネ収穫が中旬頃からはじまり、10月初旬から黒赤色に完熟したメルロ、黒紫に完熟したカベルネ・ソーヴィニョンの収穫で終了です。
10月末まで続きます。

11月 12月 1月

11月 12月 1月

~御礼肥~
畑にありがとうの気持ちを込めて肥料をまき、1月まで畑にゆっくりと休んでもらいます。
葡萄の葉がすべて落ちるのを待って、次の時期に向けた枝の剪定作業をおこないます。

農園の特長

標高が高く冷涼な気候で年間降水量が少なく、砂礫質な土壌、長い日照時間など、ワイン葡萄の栽培にとても適した地域で、更に海抜400m~800mの標高を使用し、40ヘクタールの広大な敷地で、様々な品種を栽培しています。

栽培品種紹介

気候、標高に恵まれた環境なので、現在、シャルドネ、ソービニヨンブラウン、メルローなど、赤白合わせ7種のワイン葡萄を栽培しています。
今後も様々な品種に取り組んでいく予定です。

使用製品紹介

当農園の葡萄が使用された製品をご紹介いたします。
葡萄の品質を認められ、大手酒造メーカーさんのワインにも使用していただいています。
購入できるお店もご紹介。

新規就農をお考えの方へ
「ワイン用葡萄 生産量日本一」の長野で共に働きませんか?

長野県がワインバレー構想を始めてたのは6年前。当社は更にその6年前からワイン葡萄の栽培を高山村で行っていました。
今では長野で有数の栽培面積を誇り、実績を重ね、若手の育成にも力をいれています。勘を頼りにする農業ではなく、データに基づく農業「ICT農業」に取組んでいます。

新規就農を考えているあなたをバックアップする環境がここにあります。「長野県」「高山村」「当社」の三つ巴でサポートいたします。ご興味のある方はお問合せください。

農業従事者募集

お知らせはコチラから
たかやまワイン農園フェイスブック
たかやまワイン農園インスタグラム
お問い合せ
スタッフ紹介
株式会社たかやまワイン農園 〒382-0801 長野県上高井郡高山村大字中山138 TEL:080-2360-2539